靴の消臭にはジェットスプレー式の消臭スプレーで簡単消臭|すぐ乾いて隅々までスプレーできる

なぜ靴を消臭する必要があるのか、その理由は?

蒸れて臭う靴の中には、ニオイ菌45億個!!

ブーツを履いて10分後には、湿度が100%に達し、臭い菌が大量に繁殖します。そのニオイの原因菌は、黄色ブドウ球菌、コリネバクテリウム、白癬菌、黒革カビなど、様々な細菌が増殖することで「イソ吉草酸」ができるからです。この状態を、走査電子顕微鏡でみた結果、ニオイの元となる菌が、約45億個(*2)、増殖していたというレポートがあります。

ブーツや革の中は、高温多湿で、菌がもっとも繁殖するところです。菌が繁殖するのに好条件が揃う場所であり、菌の養殖所ともいえるでしょう。10分で高温多湿になる靴を、私たちは1日中、履いている事になります。冬でも水虫になる原因がわかりますよね。足のニオイはもちろん、足の健康を維持するためにも、防臭・消臭・防カビ効果のあるスプレーをすることは、とても大切なんです。